バーベキューでお馴染みの鉄板の料理で焦げないようにする方法

鉄板

どうも!管理人のリキです!

今日はバーベキューで醍醐味の鉄板料理で焦げ付かないようにする方法になります。

鉄板にこびりついて焦げてしまうのをどうにかしたいという方が結構多いんですよ。

このような質問をする方は大体同じような間違いをしているんですよね(^^;)

せっかくバーベキューをするんだから美味しく食べましょう!

どうすれば鉄板に焦げがこびりつかなくなるのか解説していきたいと思います。

スポンサーリンク





 

鉄板にこびりつかないようにする方法

1、火力を強くし過ぎない

焼きそばなどが鉄板に焦げ付いてしまうのは大体が火力の問題になります。

バーベキューだから火を強くしたくなる気持ちはわかりますが・・

炭火の炎が上がっているうちから調理をすると必ずと言って良い程失敗します(^^;)

炎が出なくなって炭その物が赤く輝いている状態で調理するのが理想です。

 

最初から鉄板を乗せていると熱くなりすぎてしまうので注意しましょうね。

熱くなりすぎてしまうと入れた瞬間から焦げはじめます。

ですので火力の調整をしっかりして食材を入れるタイミングを見計らいましょう!

 

強くなりすぎてしまったら水鉄砲を使って消火しましょう。

水鉄砲を使うことによって丁度良い水の量で消火することができるので1個は必ず持っていきましょう。

また遊び道具にもなるのでおすすめですよ(^^)

 

バーベキューでダントツで人気の遊び道具・グッズTOP3!

 

2、強火と弱火を作る

炭を中心に寄せておいてしまうと全体が強火になってしまうのですぐに焦げてしまいます。

ですので1つの鉄板で強火と弱火を作るようにしましょう。

そうすることによって余っているお肉なども焦げなくなります(^^)

 

弱火の方は大きい炭が2,3個あれば十分です。

そして弱火の方が弱くなってきたら炭を徐々に足していきましょう。

一気に入れると強火になってしまいますので気を付けて下さいね!

 

理想としてはコンロが2,3個欲しいですね!

強火が2個で弱火が1個でやるとバランスが良くて常においしく食べる事ができますし!

荷物はめんどくさいかもしれないですけど美味しく食べたいなら頑張って用意しましょうね(^^)

スポンサーリンク




 

3、厚みのある鉄板を用意する

レンタルで借りるような薄い鉄板だとこびりつきやすいんです。

それに加え、使いまわしですので尚更くっつきやすくなっています。

ですので理想としては、厚みのある鉄板を購入することですね!

 

また厚みのある鉄板にすることによって蓄熱量がかわり食材を美味しく焼くことができます。

イメージとしてはお店で食べるお好み焼きですね!

家だったら普通あんなにふっくら焼きあがらないですよ。

しかし厚い鉄板を使っているからこそあそこまでふっくらと焼き上げることができるのです!

そこまで高くないのでこの機会に買ってみてはいかがですか?(^^)

 

全ての工程を可能な限り実践してください!

美味しく鉄板で調理がしたいなら

 
  1. 火力を強くし過ぎない
  2. 強火と弱火を作る
  3. 厚みのある鉄板を用意する
全てを実践して頂きたいですね。

どれか一つやらないと焦げる原因ができてしまうのでね(^^;)

鉄板が焦げないことによって片づけも非常に楽ですのでぜひ試してみて下さいね!

また網を使う場合は違う方法になりますのでこちらの記事を参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク




【最低限のマナー】バーベキューの炭の簡単な処理の方法とは

バーベキューでダントツで人気の遊び道具・グッズTOP3!


コメントお待ちしております!

・これは違うんじゃないか?
・○○はどういう意味かいまいちわからなかった・・・
・他にこういう事が知りたい!
・これは共感できたなー

など何でも良いので気になる事がありましたら
気軽にコメントしてくださいね(^^)

コメントは一番下になります。

          

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ