インフルエンザは潜伏期間もうつる?発熱前も注意する理由!

最近は、前と比べて落ち着いてきましたが

いまだにインフルエンザは流行しているので

マスクをして予防しないとだめですね。





引用画像:http://googirl.jp/lifestyle/1501kaze083/






免疫力が高くて、滅多に風邪もひかない

兄がインフルエンザに感染してしまい、今年の

インフルエンザウイルスの強さを改めて

実感した管理人です。







今年のインフルエンザは本当に感染力が

強くて、恐らく12月~1月にかけて

一度体調を崩している方はたくさんいるかと

思います。







ですが、以前から言っているように今年の

インフルエンザは軽いケースが多くて、

自分がインフルエンザに感染していると

自覚していない方が非常に多いです。








この状況は本当に怖くて、ウイルスを周りに

ばらまいているのと同じことなんですよ。







私の兄は常にマスクをして、今の時期は

なるべく風邪をひいている人と接しないように

していたそうなんですが、インフルエンザに

感染してしまいました。






なぜここまで気を付けていたのに、

兄は感染してしまったのか?






私の推測とインフルエンザの潜伏期間に

ついて解説していきたいと思いますね。


スポンサーリンク






インフルエンザは潜伏期間でも発熱前もうつる可能性がある?



潜伏期間というのは、みなさんご存知かと思いますが

ウイルスが様々な経路から体内に侵入し、増殖を

し続けて症状が出るまでの期間のことを言います。








厚生労働省が発表している

インフルエンザ施設内感染予防の手引きには



・主な感染経路・・飛沫感染、接触感染

・潜伏期間・・通常1日~3日



と書かれていました。






この1日~3日の間の潜伏期間中に

近くで話したりしてしまうと、あなたも

感染してしまう可能性が非常に高くなります。







私が個人的に思うのは、インフルエンザのように

飛沫感染するものは、自分の体内にいつ入り込んで

しまったのかわからないですよね^^;







ですので、基本誰かがいる空間はウイルスが、

空気中にいると認識しておくのが良いかと

思っています。








満員電車を避けるために少し早い時間に

通勤するとか、この時期だけは車やバイクで

行くとか考えた方が良いかもしれません。







私の兄の会社はこの時期、体調が悪い人は

休んでもらうか、別室で昼休憩してもらうことに

なっているのですが、潜伏期間中は自分が体調悪いと

思わないので、別室に行くわけがないですよね?







そんな人が、普通の休憩室にいたら他の人は

どうなると思いますか?





想像できると思いますが、その休憩室にいる全員

飛沫感染してしまう可能性があるという事に

なりますよね。






後は、潜伏期間中の人がくしゃみをしたその手で

休憩室の物に触ってしまうと、接触感染も

起こってしまうわけです。



スポンサーリンク





インフルエンザは、薬の副作用や異常行動、脳症など

怖いところが多いですが、一番怖いのは

この感染力だと私は思います。









・外出する際は必ずマスクをする

・食事の前は、アルコール消毒

・手洗い・うがい






この3つがいつ感染するかわからないウイルスの

対策法だと思いますので、ぜひ皆さんも

実践してみて下さい。







また、薬を服用することによって解熱は

非常に早いですが、体内からウイルスが

いなくなったというわけではありません。







そんな状態で外出したらどうなると思いますか?




周りの人に感染してしまうかもしれません。

それに加え、薬に耐性を持ったウイルスが

現れる可能性もあります。




ですので、この点にも注意しておく事を

おすすめします。





まとめ




今日は、インフルエンザは潜伏期間もうつる

という事に関して書いてきました。






インフルエンザウイルスのように飛沫感染

するものは、いつ自分の体内に侵入されているか

わかりません。





ですので、手洗い・うがいやマスクの着用など

毎日の積み重ねが非常に大切なんです。






最近は、ピーク時に比べひどくないですが、

いまだに衰えていないので、ぜひ手洗い・うがい

マスクの着用をして頂きたいと思います!



スポンサーリンク




【注目】インフルの予防は歯磨きで出来る!いつすると効果的なの?

インフルエンザの予防は必ずマスク!付け方次第では効果がない


コメントお待ちしております!

・これは違うんじゃないか?
・○○はどういう意味かいまいちわからなかった・・・
・他にこういう事が知りたい!
・これは共感できたなー

など何でも良いので気になる事がありましたら
気軽にコメントしてくださいね(^^)

コメントは一番下になります。

          

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ