あなたは大丈夫?夏のバーベキューの食中毒に注意する本当の理由

バーベキュー 食中毒

どうも!管理人のリキです!

「天気も良いしバーベキューしよう!」
と考えるかたが多いと思います。

しかし!

バーベキューに常に付きまとうのが
食中毒の危険があるということ。

「そんなのまったく気にしてなかった・・」

という方がほとんどで食材を
冷やさないで常温のまま
している方が多すぎます。

ですので今日はバーベキューでの
食中毒を防ぐために簡単にまとめたので
ぜひ参考にしてくださいね(^^)

スポンサーリンク





 

食中毒にならないためにこれに気をつけろ!

  1. 細菌が繁殖しないように10℃以下で保存
  2. 乳児やお年寄りは特に気を付ける
  3. 食材に触る前は必ず手を洗う
  4. おにぎりなどは直接手で触らない
  5. 肉・魚には細菌が付いている可能性が高い
  6. 生物用の箸やトングを用意する
  7. 食べるためのお箸を確保する
  8. よく加熱してから食べる
  9. 肉や魚と生野菜をくっつけない
バーベキューをするときは大体外の
気温も高く食材が痛みやすいですよね。

その中生肉や魚を扱うので
いつも以上に注意が必要です。

「一回もなったことないから気にする必要ないよ」

と安易に考えている方こそ
食中毒になってしまいます(^^;)

特に若い方は食材を冷やしたり
していない方が多かったので
今年は必ずクーラーボックスを
持っていくようにしましょうね。

 

クーラーボックスに隙間を空けよう

「荷物が多いから一つにまとめよう!」

とクーラーボックスいっぱいに食材
などを詰めている方がいますがこれも
絶対にやめましょう。

保冷剤や氷が当たっていないところ以外は
あまり冷やされていないんです。

またお肉や魚などと他の食材は
一緒にしちゃダメですからね?

「えっ?今まで一緒にしてたんだけど・・」

というかたも多いでしょう。

一緒に入れてしまうと肉や魚の汚染が
移ってしまう可能性があるので少しでも
食中毒のリスクを減らすために避けましょうね。

スポンサーリンク




 

生焼けで絶対に食べるな!

「肉は生くらいがちょうど良いよな!」

とか言ってお肉の通ぶる危ない方が
いるのですが絶対に生で食べない
ようにしてください。

レアで食べると確かに美味しい
ですがそれは「レア」だからです。

レアと半生を同じように考えて
いると食中毒への第一歩に
なりかねません。

ですので必ず火をしっかり
通して食べるようにしましょう!

 

バーベキューは「~すぎ」が丁度良い

  • 焼きすぎ
  • 気にしすぎ
  • 荷物多すぎ
など普段だったら良くないかも
知れないですがバーベキューでは
とても良いことです。

注意しすぎるくらいが丁度良い
ので今年は「~すぎ」を意識して
バーベキューをしましょう。

肉の量などを全て把握して何個の
クーラーボックスを用意すればいいか
計画を立てて準備していきましょう!

スポンサーリンク




【最低限のマナー】バーベキューの炭の簡単な処理の方法とは

バーベキューはこれを着ろ!男も好む女子の理想の服装とは?

【5月限定】バーベキューで男が嫌がる女性の服装TOP3


コメントお待ちしております!

・これは違うんじゃないか?
・○○はどういう意味かいまいちわからなかった・・・
・他にこういう事が知りたい!
・これは共感できたなー

など何でも良いので気になる事がありましたら
気軽にコメントしてくださいね(^^)

コメントは一番下になります。

          

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ