【低学年向け】夏休みの自由研究のまとめ方はこれで完璧!

34c5bd66e77f7c2fbca88a6c33906442_s
こんにちは!管理人のリキです!

夏休みの宿題で一番悩むのは自由研究ではないでしょうか。

テーマから考えなくてはいけないために、まず自分は何がしたいのか、何に興味があるのかということを考えなければいけませんよね。

でも、低学年の子供じゃ、まだ一人ですべてはできないでしょう。

親がサポートしてあげなくてはいけないのは、自由研究の大変なところでもありますよね。

でも、自由研究ってテーマさえ決まれば楽しくできるのです。

だって自由に調べたり実験したりして、新しいことを知るというのは子供にとってとても楽しいはずです。

そこで、自由研究のまとめ方を紹介します。

また、低学年の子におすすめの自由研究のテーマも紹介するので、まだ決まってなくて悩んでいる人は、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク





 

低学年の自由研究のまとめ方はこれでカンペキ!

自由研究のまとめ方というのは、どのように自由研究の内容を書くのかということです。

実験や観察、調べ学習など内容によって、少し書くことも変わってきますが、おおまかな内容は同じです。あとは、何について書くのかということです。

 
  • 大きな紙1枚にまとめるのか
  • スケッチブックなのか
  • 本のように日記にするのか
それぞれのまとめ方を紹介します!テーマに合ったもの、自分が書きやすいと思うものを選んでくださいね。

 

大きな1枚の紙にまとめる場合

一枚の紙にまとめるための、一番のポイントは、レイアウトです。

内容が良くても、見にくいとせっかくの自由研究が台無しになってしまいますよ。また、文字だけでは、つまらないまとめになってしまいます。

大事なところは色を使ってカラフルにしたり、写真や図を使って見やすくしたりしてわかりやすくします。

書く内容としては、

 
  • 題名は大きく見やすくし、その下に何故そのテーマにしたのか理由を書く
  • 実験であれば、準備するものや実験の仕方を説明する(絵や写真で工程を説明するとわかりやすい)
  • その実験に対する自分の予想を書く
  • 実験結果を書く
  • 気づいたことや思ったことを書く
全体的にきれいにまとまると、やって良かったなと思えるはずです。

楽しく取り組むことが大切ですよ。

 

スケッチブックにまとめる場合

スケッチブックにまとめる場合は、ノートよりは大きく文字が書け、絵の具の発色が良いので、絵を書いたりするのに適しています

絵の具を使う際は、クレヨンで縁どりしましょう

クレヨンが絵の具をはじいてにじみを防いでくれます。

スケッチブックは、主に調べ学習に向いている方法です。

また、持ち運びや良く、収納に便利です。

まず、テーマとその理由をはっきり書いてから、調べた内容に触れていくと良いでしょう。

スケッチブックでも、下書きは鉛筆を使って、装飾する時に、色を使ってカラフルにします。写真または、イラストも多く用いると見やすいまとめになります。

 

観察日記にまとめる場合

観察日記は、線やマスが書いてあるもの、無地のものを自分の書きやすいものを選びます。

観察日記の大切なことは、毎回の観察内容の書き方を統一することです。絵日記風にすると、毎日の変化が分かりやすくなります

このタイプの自由研究は、時間がかかりますが、完成したときの達成感と喜びはとても大きいですよ。

毎日、こつこつと作業をするのが好きな子におすすめです。

一度に多くの人に見てもらうのは難しいので、発表には向きませんが、一人ひとりにじっくり読んでもらえます。

表紙を大きなイラストや絵で飾って、タイトルを書くと手に取ってもらいやすい日記に仕上がります。

スポンサーリンク




 

低学年にオススメの自由研究のテーマ

では、実際とんな内容が、低学年の子に向いているのでしょうか。

いくつか例を挙げていきますね。どれも、短期間でできる物ばかりです。

実験をする時は、「なぜ?」「どうして?」を大切に進めていくと、興味を広げることができます。

どうしてその結果になるのかということを考えるのは、低学年にはまだ難しいです。

しかし、仮設を立てて実験したり、その結果を自分で体験することはとても大切です。大人の当たり前は、こどもには通用しませんからね。

何事も疑問に思うことが大切なので、自由研究の宿題を通して、楽しみながら親子で理解を深めていけるといいですね。

 

磁石にくっつくもの

遊び感覚で、実験できるのが、磁石での研究です。家にある身の回りの物を選んで、磁石にくっつくか実験していきます。

実験で使ったものを、絵を用いてまとめます。

くっつくと思っていたものがつかなかった、くっつかないと思っていたものがくっついたなど、意外な発見もあるでしょう。

実験する前に思っていたことと実際はどうだったかを比較し、自分の考えがどう変わったのか、気づいたことをまとめましょう。

一日でささっとできるので、簡単でおすすめです。

 

水に浮くもの

どんな野菜や果物が浮くのか?を調べます。

まず、ボールや水槽に水をはります。そして、何が浮いて、なにが沈むのかをまず、予想し、まとめます。

そして、実際に実験をはじめて、その結果をまとめていきます。

ひとつの物でも、輪切りにすると浮き沈みが変わったり、縦に浮いたりと浮き方にも、新しい発見があります。

実験結果を、イラスト付きで表でまとめるとパッと見てわかるので、おすすめです。

 

世界の国旗を調べる

世界の国旗を調べるのは、低学年だけでなく、どの学年にも適した自由研究になります。

しかし、内容はやはり学年で違っていなければいけません。

低学年なら、国旗の一覧を見て、自分の好きな国旗を選んだり、柄が似たものを探してみたりと国旗に触れることから始まります。

国旗は数がとても多いので、すべてはできません。

いくつかピックアップしてまとめると良いでしょう。まず、タイトルがあってその次に、なぜ国旗を調べることにしたのかその理由をまとめます。

世界地図を貼り、それからピックアップする国の場所に国旗を書いていくと、どの国がどんな国旗なのか見てわかります。

そして、好きな国旗をまとめるときは、一つ一つ国旗の絵をかき、色をしっかり塗ります。

3色ある国旗は、色を間違えないように注意しましょう。

そして、最後に国旗を調べた感想を述べると、より自分の記憶に残りやすいものになります。

 

凍る液体と凍らない液体

これは、冷蔵庫の中にあるものや、台所にあるものなど身近なものでできます。

しかも、一日でできるので、夏休み終わりが迫ってきて焦っている人にはうってつけですよ。

水をはじめ、ジュースやゼリー、醤油や油などで実験していきます。しばらく冷凍庫の入れておくと、凍るもの、凍らないものが出てきます。

その結果をまとめればいいのです。

自分の予想はどうだったか、結果は予想通りだったのかをまとめれば自由研究の完成です!

なぜと思うことが大切なので、当たり前だと思うのではなく「これは凍るのかな?」「やってみよう」という気持ちを大切にしてくださいね。

その疑問を自ら解決する過程が、自由研究の大切さでもあります。

 

まとめ

いかがでしたか?

決まりがなく、自由に決めていいものほど悩みますよね。

テーマさえ決まれば、どのようにやるのか、まとめていくのかを決めるだけです。テーマに困ったら、家の中を見渡してください。

また、調べてみると、自由研究のネタはいろいろあります。

自分がやりたいネタが見つかるといいですね。

どうしてもない場合は、上記にあげた実験を是非チャレンジしてみてください。

どんな研究でも、自分で考え、結果をみることが大切ですが、難しいことは親がサポートしてあげましょう。

そうすることで、やりたい意欲をあげることにもつながります。

スポンサーリンク



コメントお待ちしております!

・これは違うんじゃないか?
・○○はどういう意味かいまいちわからなかった・・・
・他にこういう事が知りたい!
・これは共感できたなー

など何でも良いので気になる事がありましたら
気軽にコメントしてくださいね(^^)

コメントは一番下になります。

          

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ