乾燥で火事が起こるのはなぜ?冬の乾燥についてと対策まとめ!

乾燥で火事が起こるのはなぜ?冬の乾燥についてと対策まとめ!
どうも!管理人のリキです!

最近、乾燥が原因で火事になっている事件が非常に多いですよね。

私は神奈川県に住んでいるのですが、近場でで乾燥が原因の火事が起きたので他人事ではないなと思い焦っています(^^;



あなたは、冬の乾燥についてどのように考えていますか?

・お肌がかさつく
・保湿
・ひび割れ

などの事を考えると思うんですよね。

私も火事が身近に感じるまでこのような事しか考えなかったですし、考えようとも思いませんでした(^^;

そこで今日は、冬の乾燥で火事が起こる原因などについて書いていこうかなと思います!

火事になると全てを失ってしまいます。人も物も全てです。

日頃から意識しているかどうかで火事が防げるなら絶対にしておいたほうが良いので、ぜひ頭の片隅にでも入れて頂ければと思います!

では、解説していきますね(^^)

スポンサーリンク




なぜ冬の乾燥が原因で火事が起こってしまうの?

なぜ乾燥していると火事が起きてしまうのかご存知ですか?

空気が乾燥をしていると、摩擦などにより静電気が起きやすくなるので自然発火が起きやすくなるのです。

それに加え、乾燥しているという事は周りの物も乾いているため、ちょっとの火花でもすぐに着火してしまい、さらに大きく燃え上がってしまうのです。

梅雨時にあまり火事のニュースってないですよね?

あるとしても、放火とか寝たばこなど原因がしっかりとある火事だと思うんですよ。

梅雨時は湿気が多く、温度も上がりにくいので着火しにくいのです。まあ、簡単に言うと乾燥していると火がつきやすくなるということ。

では、どうすれば乾燥による火事を防ぐ事ができるのか?

この事について、解説していきたいと思います(^^)

乾燥による火事を起こさないためにするべき対策!

乾燥が原因で火事が起こりやすくなるという事は、空気を乾燥させなければ火事は起きにくくなるという事ですよね?

ですので、家では加湿器を常につけておくことをオススメします!

火事が立て続けに起きているこの数日間は、乾燥注意報が出ていました。

乾燥注意報というのは湿度が30%前後で出されます。そして湿度が25%を下回ると火事が起こりやすいと言われているんですね。

なので、加湿器をつけて湿度を高くする事が重要なのです!

加湿器をつけて湿度を上げるだけで火事を防げるのですから、やらない手はないですよね?

「でも毎日加湿器を付けていると、電気代がかかる・・・」

と思っている方もいるでしょう。

そのように考えている方たちの為に、加湿器を使わなくても湿度を上げる方法を探してきました!

簡単にできるので、ぜひ参考にして頂ければと思います!

・洗濯物を室内に干す
・観葉植物を置く
・コップに水を入れて置いておく
・濡れたタオルを干しておく
・霧吹きでこまめにまく

観葉植物はお金がかかってしまいますが、それ以外なら明日から簡単で出来ますよね?

やるとやらないとでは大きく変わりますので、ぜひ明日から実践してみてくださいね(^^)

最後に、最適な部屋の温度についてお話ししておこうと思います。

湿度が高い方が火事は起きにくいのですが、湿度を高くし過ぎても結露が起きてしまったりカビを繁殖させてしまう事になります。

ですので、湿度の目安としては50%~60%くらいがベストではないかと!

火事は一瞬で全ての物を失ってしまうので、本当に怖い事です。火事の危険はけっこう身近にあるんです。

ですので、ぜひ明日から乾燥が原因の火事を起こさないようにできる事をして頂ければと思います!

スポンサーリンク





コメントお待ちしております!

・これは違うんじゃないか?
・○○はどういう意味かいまいちわからなかった・・・
・他にこういう事が知りたい!
・これは共感できたなー

など何でも良いので気になる事がありましたら
気軽にコメントしてくださいね(^^)

コメントは一番下になります。

          

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ