【必見!】メニエール病の薬の種類と副作用まとめ!

メニエール病 薬

どうも!管理人のリキです!

今日はメニエール病の薬の種類と
副作用について話していこうと思います。

本当は薬のことはあまり書かない
方が良いと思うのですが

「薬のことについて書いてほしいです!」

というメッセージを頂きましたので
ぜひ書かせて頂きたいと思います。

全ての種類を書くことはできないので
質問をいただいた種類の薬を
書かせて頂きますね。

しかしこれだけは約束してください。

この記事を読んで医師の判断に
そむく行動はとらないでください。

知識として知っておくのは大事な
ことだと思いますが,私たちは
医者ではありません。

ですのであくまで補足情報として
見て頂けましたら幸いです。

スポンサーリンク





 

メニエール病の薬の種類と副作用の一覧表

セファドール、メリスロン

内耳の血液量を増加させますが

 
  • 眠気
  • 頭痛
  • 食欲不振
  • 悪心
  • 発疹
などの副作用が見られます。

 

イソメニール

交感神経を刺激させ血液の流れを促進させます。

 
  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 下痢
などの副作用が見られます。

 

ピレチア、ドラマミン、トラベルミン

精神安定作用があり吐き気を
抑える働きがあります。

 
  • 眠気
  • 頭痛
  • ふらつき
  • 食欲不振
などの副作用があります。

 

ソラナックス、メイラックス

不安や緊張を緩和する効果
があり耳鳴りやめまいを軽減
させる効果があります。

精神安定剤と呼ばれるもので
自律神経も安定させる働きが
あります。

 
  • 眠気
  • 頭痛
  • ふらつき
などの副作用があります。

スポンサーリンク




 

メチコバール

ビタミンB12を補う薬で末梢神経の
働きを改善する効果があります。

 
  • 食欲不振
  • 嘔吐
などの副作用があります。

 

アデホス

末梢神経の改善をする薬で
耳鳴りやめまいの症状を緩和する
効果が期待できます。

副作用はまれに「食欲不振」が
起こるそうです。

 

カリクレイン、カルナクリン

末梢神経の働きを改善し、
内耳の代謝を活性化する薬です。

 
  • 発疹
  • アレルギー症状
  • 食欲不振
などの副作用があります。

 

薬のことより正しい生活を意識しよう

とりあえず質問をいただいた薬の
事だけを書きました。

しかし薬のことを意識するより
  • いかにストレスを溜めないか
  • 食事に気を付ける
  • 水分を摂りすぎない
など毎日の生活のことを意識
する方が絶対に良いです。

薬の事を書いておいてなんですが
薬のことはあまり考えないようにしましょう。

薬のことを気にしても何も解決されない
ですし、ストレスを感じてしまう原因に
なってしまうかもしれません。

ですので薬より毎日の生活を
意識しましょうね(^^)

スポンサーリンク




偏った生活は厳禁!メニエール病の治療は食事も大事な理由

本当の原因知っていますか?メニエール病が悪化する真実とは

メニエール病の薬は何?メチコバールが効かない理由とは?

 

 


コメントお待ちしております!

・これは違うんじゃないか?
・○○はどういう意味かいまいちわからなかった・・・
・他にこういう事が知りたい!
・これは共感できたなー

など何でも良いので気になる事がありましたら
気軽にコメントしてくださいね(^^)

コメントは一番下になります。

          

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ