ニキビ肌にパッティングは禁止!化粧水の付け方で効果激減?

beauty image of attractive asian woman on white background

どうも!管理人のリキです!

今日はパッティングをしてはいけない
理由と化粧水の正しい付け方について
話していこうと思います。

意外にパッティングをしている方が
非常に多いのでぜひ今日をもって
卒業してもらいたいですね(^^)

スポンサーリンク





 

化粧水に正しい付け方なんてあるの?

1、パッティングは絶対にしない!

化粧水をつけるときパッティングを
してつけている方って多いですよね。

パッティングは肌をパンパン叩いて
化粧水の浸透率をあげることを目的
されている方法です。

しかし残念ながら意味がありません・・・

「えっ!?ネットによく書いてあるじゃん!」

言いたいことは痛いほどわかります。
私もその一人でしたから(笑

確かに肌をたたくことによって
化粧水の浸透率は上がるかもしれません。

しかし叩くことによってのリスクが大きい
肌に化粧水が浸透する量も限度が
ありますので逆効果になってしまいます。

やっているのであればすぐにやめましょう。

顔をたたきすぎて顔が真っ赤になっている
友達がいたのですが本気で腕をつかんで
止めに入りましたね(^^;)
  • しみ
  • くすみ
  • 乾燥
  • 皮膚の炎症
など様々なことが起こってしまうかもしれません。

炎症繋がりで話すと赤ニキビは炎症が原因
で出来てしまうんですね。

そんな時にパッティングなんてしたら
どうなると思いますか?

想像しただけでもガクブルですね(笑

ですのでパッティングは今日で卒業して
ハンドプレスに切り替えることを心から
オススメします!

「ハンドプレスってなによ?
わかりやすく説明しろや!」

そうですよね(^^;)

恐らく知らない方のほうが多いと思います。

では次にハンドプレスについて
話していきますね。

スポンサーリンク




2、化粧水はハンドプレスで付けるべし!

ハンドプレスの方法は非常に簡単です。

肌を軽くおさえるようにして顔全体に
なじませるだけです。

簡単ですよね?

ハンドプレスにして肌への刺激が減る
肌の確認をしながら化粧水をつけることが
できるので肌の状態に合わせることができます。

「重ねづけをする箇所」

「うるおい度のチェック」

など様々なことがわかります。

それに化粧水は温かい方が浸透率が
上がると言われています。

ですので手で付けることにより
手の温度でより化粧水の効果
発揮することが出来るのです!

乾燥が気になる所には1回の化粧水の量を
少量にし重ねづけするようにしましょう。

また「うるおい度のチェック」ですが
化粧水を塗り終わった後に手の甲を
肌に当てます。

肌にしっとりと吸い付くような感触
あるならばカンペキです(^^)

 

3、コットンで化粧水をつけるのはやめましょう

化粧水の量が増えるだけですし
コットンの摩擦で肌にキズをつけることに・・

プロアクティブがコットンを使っているのは
拭き取り化粧水だからです。

拭き取り化粧水と言うのは古い角質を
除去する役割の化粧水です。

プロアクティブがコットンを使っている
影響で使った方が良いと誤解している人が
非常に多いです。

何回もくどいですが化粧水は手で付けましょう!

これで化粧水の付け方はバッチリですね(^^)

しかし化粧水の付け方がバッチリでも
洗顔の仕方に問題があると効果が
半減してしまいます。

ですのであなたにも正しい洗顔の仕方を
覚えて頂きたいです!

別の記事で正しい洗顔の仕方について
解説していますので時間があるときに
読んでみてくださいね。

【ニキビをなくす】正しい洗顔の仕方と効率よく泡立てる方法

 

ニキビは優しく丁寧に

いかがでしたか?
  • 間違えていた人
  • 今日初めて知った人
  • 実践できていた人
たくさんいると思います。

実践していた方は素晴らしいですが
していなかった方はもう少し知るのが
遅いと取り返しのつかないことに・・・

とまでは言いませんが
早めに知って損はないと思います!

今日から出来ることしか書いていないので
ぜひ試してみて下さい。

肌の状態が変わりますよ(^^)

スポンサーリンク



コメントお待ちしております!

・これは違うんじゃないか?
・○○はどういう意味かいまいちわからなかった・・・
・他にこういう事が知りたい!
・これは共感できたなー

など何でも良いので気になる事がありましたら
気軽にコメントしてくださいね(^^)

コメントは一番下になります。

          

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ