受験が不安で泣くのは当り前?怖いと感じる人ほど成功する理由

受験の不安で泣くのは当り前!
どうも!管理人のリキです!

受験で成功するか不安で今にも泣きそう。

こういう方は男女問わず多いと思います。私もお風呂の中で何回か不安で涙を流しました。

でも、受験が不安で泣く事は別に悪い事ではないんです!

泣く=マイナスイメージと決めつけてしまっている方が多いのですが、泣けるのは強味だと思った方が良いですよ(^-^)

社会人になっても、すごい重要なプレゼンの前に不安で泣いてしまう人を見た事がありますが、特に失敗もなく普通に素晴らしいプレゼンをしていました。

私も当時は、泣くのは自分に自信がないからと決めつけていて自分で自分を攻めていました。

しかし、これは絶対にやらないようにしましょう(^-^)

受験では、自分を肯定する事も重要で、メンタルを左右する大事な事です。

今日は、私の体験談を基に受験の不安で泣いても問題ないという事を説明していきたいと思います(^-^)

あくまでも私の体験談なので、間違っている事もあるかと思います。

しかし、こういう問題は精神的な問題ですので、共感してもらえる方も多いと思うので、ぜひ読んでもらえればと思います!

スポンサーリンク




受験の不安で泣くのは、危機感を感じている良い証拠

受験に不安を感じている人は、あなたが思っている以上に多いです。

一見、成績が良くて自信に満ち溢れているように見えている人でも、一人の時は何とも言えない不安を抱いている人が多いんです。

ですので、不安に感じているのはあなただけではありません。

この部分を勘違いしないようにしてくださいね(^-^)

ですが、本当に不安を感じていない超人みたいな人もいるので、その人はもう気にしないで下さい(笑

話を戻しますね。

不安を感じるという事は危機感を感じているという事に言い換える事ができます。

危機感を感じるというのは、目の前の事に真剣に取り組んでいる証拠ですので、私はとっても良い事だと思っています。

社会に出て仕事をする上でも、ある程度の危機感は必要です。

社会に出て2年目の時に、慣れてきてしまい仕事も少し適当になりがちの時期があったんですね。

そんな時に、商品を間違えて発送してしまい上司にこっぴどく怒られました(笑

ですので、不安に感じる・危機感を感じるという事は、将来仕事していく上で、非常に重要な事なんです。

社会人でも不安に思ったり危機感を持つのに、10代の学生が今後の人生を決める受験で不安に感じないというのは、普通はありえない事なんですよ(^^;

ですので、不安に思うという事は当り前という事を覚えておいてください!

スポンサーリンク



受験の不安を感じすぎて、勉強できなくなってしまうのを避けよう

人によっては、不安を感じすぎて泣くだけではなく勉強を放棄してしまう方もいます。

厳しい言い方をしますが、不安で目の前の作業をやめてしまうのは、将来社会に出ても同じことを繰り返す確率が高いです。

こういう人は何をしてもうまくいかない傾向にあります。

ですので、感じている不安をマイナスに捉えるのではなく、プラスに捉える練習をしましょう!

「受験で不安に感じる事は、しっかり勉強している証拠なんだ」

私は、受験勉強をしているときは常にこのように思うようにしていました。

勉強していない人は、受験を不安に感じません。なぜかというと、自分で勉強していないのをわかっているからです。

勉強していないのだから、成績が上がらないのは当り前ですよね?

だから、不安に感じる事は常に勉強をしている証拠と思い込んで、不安を自信に変えていきましょう!

 
  1. 不安に感じる事はむしろ良い事
  2. 不安で勉強できなくあんるのは避ける
この2つをしっかり意識して、日々の勉強をするようにしてみてください。

不安とうまく付き合える人は、受験に成功しやすいので1%でも受験成功率を高めるよう日々意識していきましょう!

併せて読んでほしい受験に関する記事

受験勉強は追い込みより睡眠時間を重視した方が合格率が上がる?

受験勉強のイライラを解消するには勉強をさぼる事が大事!

スポンサーリンク




 


コメントお待ちしております!

・これは違うんじゃないか?
・○○はどういう意味かいまいちわからなかった・・・
・他にこういう事が知りたい!
・これは共感できたなー

など何でも良いので気になる事がありましたら
気軽にコメントしてくださいね(^^)

コメントは一番下になります。

          

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ