もち麦ダイエットの方法を徹底解説!食べる量を意識すれば成功する?

もち麦ダイエットの方法を徹底解説!食べる量を意識すれば成功する?
どうも!管理人のリキです!

あなたは、ダイエットに興味がありますか?

恐らく、多くの方が興味を持っていると思うんですよ。自分の体に自信を持っている人は少ないですからね(^^;

最近、効果があるダイエット法として「もち麦ダイエット」というのが流行っています。

SNSやメディアでの露出が多くなってきているので、知っている方は多いのではないでしょうか?

私は1か月前からもち麦を食べ始めてみたのですが、普通の白米を食べるよりやはり効果があるなと実感しました。

なぜもち麦ダイエットが成功しやすいのか?

今日はもち麦ダイエットの方法と食べる量について話していきたいと思います(^^)

スポンサーリンク




もち麦ダイエットの方法は非常に簡単で継続しやすい!

もち麦ダイエットの方法は非常に簡単で、普段食べている白米をもち麦に変えるだけです。

最初は味や食感に違和感を感じると思いますが、慣れれば美味しいですよ(^^)

白米の美味しさには勝てないですが(笑

もち麦ダイエットで勘違いしている方が多いのですが、もち麦だけで炊くのではなく白米も一緒に炊きます。

白米を入れずにもち麦だけ食べると、絶対に続かないですww

一度食べましたが、味的にすべて食べ切れませんでした・・・

それほどお味がきついです・・

理想としては、白米1に対してもち麦も1の割合で炊くのが一番おいしかったですね!

3食全てを置き換える必要はないですが、私は炊き分けるのがめんどくさかったので3食全てもち麦にしました。

その結果、ただ置き換えただけでも効果があって、89キロだった体重が1か月で85キロまで減ったんです!

母も59キロから57キロに痩せていましたね。テレビでは、

 
  • 三豆ドン
  • きのこリゾット
など色々なレシピを紹介していましたが、めんどくさかったので私は純粋にもち麦に置き換えただけです。

それでもある程度の効果は見込めるので、やる価値はありますよ(^^)

スポンサーリンク



食べ過ぎ注意!食べる量を少し減らす工夫をしよう

結局のところ、置き換えてもたくさん食べたら痩せないんですよね(^^;

私は最初、いつも食べているようにお腹いっぱいになるまで食べていたのですが、全く体重が減りませんでした。

ですが、ご飯の量を少し減らしたことで徐々に効果が表れてきました。

なので、正直言いますとただ置き換えただけでは痩せません・・・

置き換えて少し食べる量を減らさないと体重は落ちていきませんし、もち麦だからといって食べ過ぎると太ります。

私がもち麦ダイエットをするときに心がけた事は、よく噛むこと。

普段からやれよ!という感じですが(笑

もち麦は真ん中に黒い線があって、その部分がコリコリしているので、そのコリコリが口の中で感じなくなるくらいまで噛み続けます。

結構、噛み続けないとなくならないのですぐにお腹いっぱいになりますよ(^^)

しかし私は早食いしてしまう事が多かったので、意識していてもすぐに飲み込んでしまう事が多かったんですね。

そこで実践したのが、行儀が悪いが一口食べたらスマホをいじる事。

 
  1. お箸を1回おかなければいけない
  2. スマホをいじりながらだと噛むのがめんどくさくならない
  3. 意識が食事よりスマホに移る
などの効果があったなと個人的には思いました。

お行儀が悪いので、オススメはできませんが効果はあるので本気で痩せたい人はぜひ試してみてください(^^)

私も母もこれをして痩せました(笑

今も順調に痩せていて、79キロまで落とす事が出来ました!もちろん、もち麦以外にも

 
  • 野菜を食べる
  • 簡単な筋トレ
  • 有酸素運動
もしています。

結局やるのかよ・・と思った方もいるかと思いますが、やはり健康的に痩せるにはバランス良く痩せないといけません。

もち麦で摂取カロリーを減らして、運動の効果を高める。

そのおかげで、私のお腹周りはだいぶ変わったと思います。腹筋の線がうっすら出てきました。

もち麦ダイエット 方法
効果は本当にあると思いますので、ぜひ一度試してみて下さい!

もち麦は安いので、お財布にも優しいですしね(^^)

しかし、ここ最近ブームになっているので買うのが難しくなっています。ですのでまとめて買っておくことをオススメします!

もち麦でダイエットを成功させましょう!

スポンサーリンク




 


コメントお待ちしております!

・これは違うんじゃないか?
・○○はどういう意味かいまいちわからなかった・・・
・他にこういう事が知りたい!
・これは共感できたなー

など何でも良いので気になる事がありましたら
気軽にコメントしてくださいね(^^)

コメントは一番下になります。

          

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ