【5000円以内】母の日のプレゼントにおすすめの3品!

-shared-img-thumb-ELLY95_pasuterukaraarenji_TP_V

どうも!管理人のリキです!

母の日のプレゼントの平均予算ってだいたい5000円前後だって知っていましたか?

3000円~5000円の間でプレゼントを選ぶ人が多く、一番の理由は、毎年あげるのにさほど苦にならない値段だからです。

母の日は毎年きます。

だいたいの値段が毎年決まっているほうが、プレゼントを選ぶ側は、決めやすいし、もらう側はそんなに気を使いませんよね。

そこで、5000円以内で買えるプレゼントをいくつか紹介します!

母の日らしく花もいいでしょうし、一番紫外線の強い時期に合わせて紫外線対策のものでもいいでしょう。そして、他には日常使いできるものなどをあげてみました。

今後のプレゼント選びの参考になるとうれしいです。では解説して行きますね!

スポンサーリンク





プリザーブドフラワー

母の日らしくお花がいいなと思う人は、予算が5000円もあれば、綺麗にアレンジされているプリザーブドフラワーなんていかがですか?

プリザーブドフラワーとは、生花を特殊加工されたお花のことです。

ですので、枯れない本物のお花なのです。生花よりも基本的な花の値段が高いので5000円で買えるものは、そんなに大きくないです。

大きすぎない程度がかえって場所もとらずに飾って置けますよ!

私の母は、玄関やトイレに飾っています。いくつもあげているためか毎年玄関のお花が増えていきます^^;

プリザーブドフラワーはお花屋さんでも売っていますし、ネットでも買えます。

ほこりや傷がつかないようにガラスケースに入っているものや箱にお花が敷き詰められているものなど種類は様々です。

お母さんの好きな色やお花のアレンジを探して気に入ったものをプレゼントしたらきっと喜んでくれますよ。

紫外線対策できるもの

5月は年間を通して最も紫外線の強い時期だって知っていましたか?

お母さんは、この時期になると日差しが強い日も増えて、そろそろ紫外線対策したいはずです。

そこで、母の日のこのタイミングで、帽子や日傘などの紫外線対策するものをプレゼントに選んでみてはいかがでしょうか。

帽子は形や色、コンパクトになるものと意外と種類があります。

紫外線によって肌だけでなく、髪の毛も焼けてしまうし、熱中症予防にも帽子は必須です。しかし、中には帽子が苦手な方もいるでしょう。

そんな人には、日傘がおすすめです。

遮光率が高いのはもちろん、おしゃれな柄もあるし、ちょっとした雨にも対応している傘など探してみるとたくさんあってどれにしようか迷ってしまうほどです。

あっても困るものではないし、むしろ帽子か日傘を持っていなかったら、熱中症になりやすくなって怖いですよ。

持ってないお母さんがいましたら是非プレゼントしたいものですね。

スポンサーリンク




コットントートバックやストール

特におすすめはコットントートバック

小さいサイズが特におすすめです。小さいものなら、財布だけ入れてちょっとした買い物や、旅行の時に貴重品だけ入れて持ち歩くにはちょうどいいですよ。

ちょっとスーパーやコンビニ行きたいときに財布だけ持っていくのは見た目的にもあまり良くないですよね。さっと、小さい鞄に入れて外出したほうがスマートでしょう。

私の持っているのは、布製のもので、汚れてしまったら洗濯機でじゃぶじゃぶ洗っています。

他には、ストールもおすすめです。

子育てがひと段落して、お母さんもおしゃれを楽しんでもらいたいという人は、是非チョイスしてみてください。

ストールはシルクのものや厚手のもの、無地や柄入りのものなどたくさんあるので、何枚持っていても、ファッションに合わせて楽しむことができます。

年を取ると首元が寂しくなってくるので、ストールでおしゃれを取り入れるのもいいですよ。

まとめ

いかがでしたか?

5000円以内の予算なら、いろいろなものが選べます。お母さんはどんなものが欲しいのか母の日の機会にちょっと調査してみてください。

お花が好きな人や外出が好きな人、おしゃれをするのが好きな人などその人の好みが分かれば、プレゼント選びもしやすいかと思います。

素敵なプレゼントに出会えるといいですね。

スポンサーリンク




【必読】母の日のプレゼントで喜ぶものを把握しよう!

【おすすめ】母の日のプレゼントを安く抑える3つの方法!

予算2万円で絶対に喜ぶ3通りの母の日のプレゼント!


コメントお待ちしております!

・これは違うんじゃないか?
・○○はどういう意味かいまいちわからなかった・・・
・他にこういう事が知りたい!
・これは共感できたなー

など何でも良いので気になる事がありましたら
気軽にコメントしてくださいね(^^)

コメントは一番下になります。

          

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ