花粉の飛散の時期と種類から自分のアレルギーを知ろう!



どうも!リキです!


花粉症の季節になってきましたが、
自分が何の花粉のアレルギーか
ちゃんと知っていますか?



花粉の飛散量は昨年の夏の気象に
関係しており年によって大きく異なります。


「去年は大丈夫だったから
今年も同じ対策で大丈夫だろう」


では飛散の量の関係でその対策では
不十分かもしれません。


ですので飛散の時期や種類や
多く飛散する条件などを知って
しっかり対策出来るようになりましょう!


スポンサーリンク






花粉の飛散が多い時期や種類は?


花粉症の原因となる植物は約60種類あると
言われていますが今回は、アレルギーが比較的
多いものを中心に解説していきますね(^^)


いつから症状が出始めていつ頃症状が出なくなるのか
わかれば対策も簡単に出来るようになるので、
ぜひ覚えて帰ってくださいね!


  • スギ

  • ⇒1月の終わりから5月の中頃

  • ヒノキ

  • ⇒2月の頭から6月の頭

  • カモガヤ

  • ⇒2月の終わりから10月の終わり

  • ブタクサ

  • ⇒7月の終わりから10月の終わり

  • ヨモギ

  • ⇒7月の中頃から11月の終わり

  • シラカバ

  • ⇒4月の頭から6月の終わり

  • ハンノキ

  • ⇒1月の中頃から5月の終わり

  • ホソムギ

  • ⇒4月の中頃から8月の中頃

  • カナムグラ

  • ⇒9月中頃から11月中頃

  • オオアワガエリ

  • ⇒4月中頃から8月中頃

  • セイタカアワダチソウ

  • ⇒9月の終わりから12月中頃


花粉の飛び始める2週間前から薬を飲み始める
のが良いとされていますので、上記を参考に
対策を練るようにしていきましょう(^^)


最後に、花粉のプチ情報を
解説していきますね。


スポンサーリンク





飛散ラッシュの時間帯

  • 夜明け前

  • ⇒花粉が木から飛散する時間帯

  • 昼前後

  • ⇒花粉が風になって拡散される時間帯

  • 夕方

  • ⇒風に舞っていた花粉が空気の低下により
    地面に落ちてくる


花粉が多くなる条件

  • 昨年の7月に雨が少ない

  • 晴天で気温が高い日

  • 雨が降った日の翌日

  • 空気が乾燥している日

  • 風が強い日

  • 気温の高い日が2,3日続いた日


毎年決まった時期に鼻水やくしゃみなどの症状が
出る場合は、その時期に何の花粉が飛んでいるか
確認してみると良いですね(^^)


またマスクは必須になりますので、
必ず付けるようにしましょう!


マスクの種類や特性によって使い方が
大きく変わるので、時間があるときに
見てみて下さいね。

花粉症にマスクは効果がない?種類と特性を理解して対策しよう


まとめ


今日は花粉の飛散時期や種類について
解説してきました。


今回のポイントは、

  • 花粉が多い時期と種類
  • 飛散ラッシュの時間帯
  • 花粉が多くなる条件


時期がわかることにより早く対処することが
出来るので、覚えておくと便利ですよ(^^)


病院に行かないで治そうとする方がいますが、
一度症状が表れたら行くことをおすすめします。


そこで何の花粉のアレルギーか知ることで
より自分で早く対処することができますしね!


今年はしっかり対処して、
快適な生活を送りましょう!


スポンサーリンク



コメントお待ちしております!

・これは違うんじゃないか?
・○○はどういう意味かいまいちわからなかった・・・
・他にこういう事が知りたい!
・これは共感できたなー

など何でも良いので気になる事がありましたら
気軽にコメントしてくださいね(^^)

コメントは一番下になります。

          

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ