花粉症の対策と予防に必需品である加湿器の正しい使い方

kashitu

どうも!管理人のリキです!

花粉症は鼻水やかゆみの症状も大変ですが、喉の痛みにも悩んでいる人もいるのではないのでしょうか。

特に朝起きた時なんてすごい痛いですよね(^^;)

 

  • なぜ花粉症で喉まで痛くなってしまうのか?
  • この喉の痛みを取るために加湿器を使うべきか?
  • 加湿器には正しい使い方があるのか?
今日はこれらのことについて話していきたいと思います。

スポンサーリンク





 

花粉症でなぜ喉が痛くなってしまうのか?

1、鼻がつまり口呼吸になってしまう

鼻呼吸をすることによって外気を体温と同じ温度まで上昇させると同時に体に適した加湿を行ってくれるんですね。

ですが鼻が詰まることによって外気が乾燥した状態で入ってきてしまいます。

乾燥した空気によって炎症が起こり喉の痛みが起こってしまうんです。

こう考えるとただの呼吸でも大事だという事がわかりますね(^^;)

ですので花粉症の症状という訳ではなく、花粉症の症状である鼻づまりにより喉の痛みが起きるという訳です。

 

2、鼻水が逆流してしまう

鼻水がたくさん出ても排泄できない時もありますよね?

本来排泄しなければいけない鼻水が逆流して、咽喉に流れ込み炎症を起こしてしまうんです。

これはもう正直どうしようもできないですよね(^^;)

ですのでどうにもできない分保湿をしっかりしなければいけないという事なんです。

 

加湿器を使う必要はあるのか?

結論から言うと使った方が確実に良いです。

湿度をあげるとか喉の乾燥を防ぐ以外に花粉が舞い上がりにくくなります。

雨の日で湿度の高い日は花粉の飛散が少なくなりますよね?

室内で加湿器を使うことで雨の日と同じ状況にすることができるのでぜひ使いましょう(^^)

 

掃除をすることによって花粉の影響を受けにくくなるのでこまめにするようにしましょう。

掃除してみるとわかるのですが結構変わりますよ^^

 

【効果的】花粉症の対策は掃除の仕方1つで大きく変わる!

 

 

加湿器は家にないよ!!

という方はお鍋でお湯を沸かして、フタをしないで室内に置いておきましょう。

スポンサーリンク




そうすることによってある程度の湿度を確保することができますのでね(^^)

 

加湿器の正しい使い方はあるの?

1、設置場所の注意点

恐らくいないと思うのですが、

 
  • 換気扇の周辺
  • 出入り口付近
  • 窓を開けている部屋
には置かないようにしましょう。

せっかく加湿された空気が出ているのに外に流れ出てしまいますのでね。

後は空気の循環がスムーズになる所に置くのが効果的なので空気の通り道を探しながらいろいろ試してみて下さい(^^)

 

2、給水はこまめに行いましょう

何か作業をしていると忘れがちになるのですが意識して補給するようにしましょう。

水切れで止まってしまうと湿度が低下しせっかく潤った部屋が台無しになってしまうのでね(^^;)

 

3、水をこまめに変える

毎日使っている方は大丈夫なのですがたまに使う人は注意して頂きたいですね。

長期間放置しておくと菌が繁殖したり水垢が付着するなど身体に害が発生してしまうかもしれません。

ですので数日使わない場合は、水を捨てて使う時に水を入れて使うようにしましょうね(^^)

 

この時期の加湿器は必須!

花粉を取り除くために空気清浄器の方に目が行きがちですが加湿器も非常に重要です。

一番良いのは加湿器と空気清浄器が両方ついているのが理想ですが(^^;)

でも買えない場合や買ったばかりなどのご家庭もあると思うので今あるものでどうにかしのぎましょう!

加湿器を使うことで家での生活が快適になりますのでぜひあるご家庭は使いましょうね!

スポンサーリンク



コメントお待ちしております!

・これは違うんじゃないか?
・○○はどういう意味かいまいちわからなかった・・・
・他にこういう事が知りたい!
・これは共感できたなー

など何でも良いので気になる事がありましたら
気軽にコメントしてくださいね(^^)

コメントは一番下になります。

          

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ