造幣局桜の通り抜けの夜桜のライトアップはいつから?見頃や穴場も!

造幣局桜の通り抜けの夜桜のライトアップはいつから?見頃や穴場も!
どうも!管理人のリキです!

大阪の造幣局の桜の通り抜けは大阪屈指の桜の名所として有名です。

現在では大阪の風物詩と言われるほど!

しかし!大阪造幣局の桜は一般的な花見のように木の下にレジャーシートを敷いてお弁当やお酒を楽しむと言ったスタイルではありませんww

入口の南門から入ったら後は出口である北門までの一方通行を歩きながら桜を鑑賞する方法です(^^)

60万人近くの人が桜の通り抜けに訪れる秘密が美しい桜の他にもあります・・・

造幣局の敷地内は飲食禁止です。そのため造幣局周辺にはたくさんの屋台が立ち並び、

・たこ焼きやお好み焼きの粉モン系
・本マグロの串焼きや焼き鳥の飲食系
・チョコバナナやクレープなどのスィーツ系
・イタリアンパスタやピザのイタリアン系
・金魚すくいやボールすくい

など、まるでお祭りのような賑わいになります^^;

大阪だから屋台もユニークですよねww

どうやらこの屋台目当てに来ている方も多いようです(笑あと、夜のライトアップ目当てに来る方が非常に多いです!

宿泊している観光客や、オフィス街ということもあって仕事帰りのサラリーマンがたくさん押し寄せます。

ライトアップされた夜桜を楽しんだ後は屋台めぐりで楽しむのもいいかなと(^^)

では早速、造幣局の通り抜けの夜桜のライトアップについて話していきたいと思います。

スポンサーリンク




造幣局の夜桜のライトアップについて

夜になるとボンボリなどでライトアップされ夜桜を楽しむことが出来ます!

ボンボリの淡い明かりに照らされた桜は実に幻想的。

日が暮れてライトアップされた夜桜も、日中とはまた違った良さがあるのでおすすめです(^^)

通り抜けの道がほのかに桜色に染まる風景は珍しい桜と共にきっと記憶にのこることでしょう・・・

この桜のライトアップは一般公開と合わせて行われます。

2016年の場合は4月8日から4月14日までの一週間。時間は日没から21時まで。

午後21時までとなっていますが、20時30分には閉門されますので注意して下さいね(^^;

即退場とはなりませんが、通り抜けるまでには15分から20分かかると考えておきましょう。

屋台は門が閉められても1時間くらいは営業しているようですので22時くらいまでは楽しめるかなと!

スポンサーリンク



造幣局の桜の通り抜けの見頃や穴場について!

桜の見頃は4月中旬の1週間限定です。

開花から4、5日ほどで5分咲き7分咲きというところでこの頃が見頃と言えるでしょうか。

桜の通り抜けは例年4月10日頃から4月18日頃までで、正式な日にちは3月の中旬ごろ発表されるので公式HPをこまめにチェックして下さいね。

造幣局の桜の通り抜けが人気を集める理由、それは圧倒的な桜の数にもあります。

・ソメイヨシノ
・ヤエザクラ
・シダレザクラ

などはもちろん、全国から集められた桜を一度に見られるのはここだけです。その数は約130種類、約350本!

数に圧倒されるだけでなく、すごいキレイですよ(^^)

その中には貴重な品種も数多くあります。

・花びらが丸く集まって、毬のように見える「大手毬(オオテマリ)」や「紅手毬(ベニテマリ)
・黄緑色の花びらが独特な「御衣黄(ぎょいこう)」
・一重八重桜で白い花びらが特徴の「養老桜(ようろうざくら)」
・一本の木で一重と八重が時間差で咲く「二度桜(にどざくら)」
・2016年から新しく見られるようになった「園里黄桜(そのさとぎざくら)」

などがあります。

このような珍しい桜の他にも

・赤い色が美しいめがね橋や赤レンガの造幣博物館と桜のコラボレーション
・記念貨幣の販売
・旧正門八角形の屋根が印象的

などが見どころでもあります。

個人的には東西線を大阪北詰で降りて造幣局の対岸から見るライトアップされた夜桜もおすすめですよ(^^)

川面に連なる桜は見事!

造幣局の中で見るよりも人も少ないので結構穴場とも言えます(^^)

夜のライトアップでは、様々な品種の桜が幻想的な気色を映し出してくれますので、ぜひ見て頂きたいと思います!

入場料は無料ですので、何度でも足を運びたいものですね!

スポンサーリンク



コメントお待ちしております!

・これは違うんじゃないか?
・○○はどういう意味かいまいちわからなかった・・・
・他にこういう事が知りたい!
・これは共感できたなー

など何でも良いので気になる事がありましたら
気軽にコメントしてくださいね(^^)

コメントは一番下になります。

          

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ