イギリスではハロウィンよりメジャー?ガイ・フォークス・ナイト!

イギリス

どうも!管理人のリキです!

日本ではハロウィンになると、各所で
仮装パーティーが催され、夜の電車は
仮装をした人で溢れかえります。

渋谷の街は有名ですね。

さて、このハロウィン、海外から来た
祭りなので、外国ではさぞかし盛り上
がっていると思いがちですが、実のと
ころどうなんでしょう?

今回は、イギリスを例にとってみましょう。

イギリスでは、10月31日のハロウィンのすぐ
近い日、11月5日に「ガイ・フォークス・ナイ
ト」
というお祭りがあります。

そして、何とハロウィンよりも、「ガイ・
フォークス・ナイト」の方が盛り上がる

みたいなんです!

ちょっと気になりますね?

というわけで、今回は「ガイ・フォークス
ナイト」について書いていきます!

スポンサーリンク




「ガイ・フォークス・ナイト」ってどんな祭り?

1、「ガイ・フォークス・ナイト」の由来

「ガイ・フォークス・ナイト(Guy Fawkes
Night)」の由来は1605年に遡ります。

当時カトリック教徒のガイ・フォークスは
国王のカトリック弾圧に苦しんでいました。

そして、弾圧にこらえきれなくなった彼は、
仲間と共謀して、国会議事堂を爆破すること
を企てた
のです。

しかし開会式の前に匿名による密告により
火薬が発見され、国王は事なきを得ました。

そしてこの暗殺が未遂いに終わったことを
祝うのが「ガイ・フォークス・ナイト」

いう祭りになりました。

なぜ祭りになるんだろう?(笑

って感じですよね?

さて、この「ガイ・フォークス・ナイト」
ですが、イギリスでもイングランドを中心
に各地で行われているようです。

また呼び方も「ボンファイアー・ナイト」
という場合もあるようです。

スポンサーリンク




2、どんなことをする祭りなの?

子供達はガイ・フォークスの人形を作って
街をパレードします。

そしてパレードの途中でお菓子やお金を
貰います


おっ!貰うんですね?!(笑

ハロウィンでもお菓子を貰うために子供達は
各家を回りますが、こちらでもやはり、貰う
んですね!

そしてパレードの後に行われる花火の中に、
このガイ・フォークスの人形も入れて一緒に
打ち上げる
そうです。

この人形なのですが、ぼろ切れとか、古新聞
とかで作るんです。

これが結構奇妙な顔をしていることが多くて
楽しいですよ。

この「ガイ・フォークス・ナイト」の由来で
花火はイギリスでは日本とは違って、冬の風
物詩
になっているようです。

日本でもメジャーになるのだろうか?

さて、今日はイギリスではハロウィンよりも
盛んな祭り「ガイ・フォークス・ナイト」に
ついて書いてきました。

日本人はクリスマスもハロウィンも海外から
輸入しました。

ハロウィンなんて、盛り上がるようになった
のは本当最近ですよね?

さて、この「ガイ・フォークス・ナイト」は
日本で盛り上がる日は来るんでしょうかね?


わからないですね(笑

けど、冬の花火というのも、夏の花火とは
ひと味違って、なかなか風流のあるもの

と思いますよ。

なんなら、ハロウィンと一緒に両方とも
盛り上がってしまってもいいかも知れま
せんね?

スポンサーリンク



コメントお待ちしております!

・これは違うんじゃないか?
・○○はどういう意味かいまいちわからなかった・・・
・他にこういう事が知りたい!
・これは共感できたなー

など何でも良いので気になる事がありましたら
気軽にコメントしてくださいね(^^)

コメントは一番下になります。

          

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ