東京千鳥ヶ淵公園の花見の穴場は?場所取りや宴会で気を付ける事!

東京千鳥ヶ淵公園の花見の穴場は?場所取りや宴会で気を付ける事!
どうも!管理人のリキです!!

日差しが春っぽくなってくると、お花見が楽しみになってワクワクしてきますよね。

あなたは今年のお花見はどこに行く予定でしょうか?

もし、東京でお探しなら定番のお花見スポット、千鳥ヶ淵公園があります!!




ここは東京の桜の名所としては超有名な場所です。

なので、お花見に来る人の数が半端なく多く人に酔ってしまう心配があります(^^;

人に酔うってこういう事なんだーってわかりますよwww

そこで、自分であまり人が来ないような所を探して、穴場と呼べるスポットを見つけました!

千鳥ヶ淵公園のお花見で気をつけることなども併せて話していきますので、ぜひ参考にしてくださいね(^^)

スポンサーリンク




東京千鳥ヶ淵のお花見の穴場はどこらへん?

千鳥ヶ淵は、皇居のすぐ側ということもあって、桜のシーズにはお花見客でものすごく混雑します。

人ゴミの中を歩きながらお花見をしたり、シートに座って人の群れに落ち着かない気持ちでいるのも、あまり良いものではないですよね(^^;

私は以前ここを訪れたとき、千鳥ヶ淵の中で、比較的人数の少ない穴場スポットを探してみたことがありました。

すると、こんなに大勢の人が押し寄せる所でもやはり穴場はあったのです!

その場所はズバリ北の丸公園!

千鳥ヶ淵のお堀の向かい側にありますよね?ここは、人も比較的少なくて、落ち着いてお花見ができるのでお勧めですよ(^^)

でも、北の丸公園はシートを敷いてのお花見はできません。

散策してお花見をするか、ベンチに座ってコンビニで買ったお弁当や飲物といっしょにお花見を楽しむのがメインになります。

スポンサーリンク



千鳥ヶ淵公園のお花見の場所取りで気を付ける事

桜が開花し始めると、多くの人がお花見の宴会を楽しみにソワソワし始めますよね。

その宴会の前に、お目当ての場所取りするのがまた大変ですww

千鳥ヶ淵公園でお花見の場所取りをする時には、この公園ならではのルールがありますので気をつけましょう。

①千鳥ヶ淵公園だけシートを敷いての花見が可
②シートだけで場所取りすることは禁止です。
③シートを固定するピンの使用は禁止です。

場所取りは、やはり朝早くから行く事をオススメします(^^)早朝こそ人出が少ないので、ゆっくりお花見が楽しめますよ!

どこの場所でもそうですが、シートを敷いた敷いてないで結構揉めたりします。

最悪な場合は、殴り合いになることも(^^;

ですので、場所取りは一人ではなく複数人でする事をオススメします!一人だとトイレとか行くとき大変ですからね。

トイレに行っているときにシートをずらされたという話もありますので、注意してくださいね。

千鳥ヶ淵公園のお花見で宴会をする場合の注意点

お花見の宴会をするとき、

・他の方や周辺住民に迷惑をかけない
・木を傷つけてはいけない
・ゴミは持ち帰らなくてはいけない

というのは、マナーとして当然のことですよね?

これを守れない人はお花見をする資格はないかなと、私は思っています。そうしないと近隣のクレームにつながってしまいますからね(^^;

また、千鳥ヶ淵公園には、他に次のようなマナーがありますので注意して下さい!

1、公園内では火器類の使用は禁止
2、カラオケなど騒音を生じることは禁止
3、露店を出したり、他の営業活動は禁止

お互いに気持ち良く宴会をしたいのは誰もが同じです。

自分がやって欲しくないことは、他の人に絶対やらないことが大切ですよね?

お花見を相手を思いやる事も大事ですので、注意点やしてはいけない事をしっかり把握して正しくお花見をするようにしましょうね(^^)

スポンサーリンク



コメントお待ちしております!

・これは違うんじゃないか?
・○○はどういう意味かいまいちわからなかった・・・
・他にこういう事が知りたい!
・これは共感できたなー

など何でも良いので気になる事がありましたら
気軽にコメントしてくださいね(^^)

コメントは一番下になります。

          

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ