靖国神社の桜のライトアップはいつまで?花見の場所取りと混雑時間は?

靖国神社の桜のライトアップはいつまで?花見の場所取りと混雑時間は?
どうも!管理人のリキです!

靖国神社のある千代田区は、桜の季節になると、どことなくウキウキした雰囲気になってきます。

それもそのはずで、靖国神社や千鳥ヶ淵は東京を代表する桜の名所だからです!

靖国神社の桜は約500本!

これだけの桜が開花するとすごい迫力ですよ(^^)




また、桜の下で夜に行われるお花見は、日頃のうっぷんを晴らすがのごとく騒いでいる人もいます(笑

靖国神社の桜は、「靖国の桜」と言われて、東京地方の開花宣言に使われる標本木になっていますね。

また、靖国神社や千鳥ヶ淵の桜が咲く頃には、千代田のさくらまつりが行われます。

まつりの期間は、桜の開花予想がある程度確かなものになってきた頃に決まるようですが、例年だと3月25日頃から4月3日くらいまで!

その間、靖国神社も大勢の人で賑わっています!

そんな「靖国の桜」を楽しむために、今日はライトアップのことや場所取りのこと、花見の混雑時間などを話していきたいと思います!

スポンサーリンク





靖国神社の桜のライトアップはいつまで?


千代田のさくらまつり期間中は、靖国神社の桜もライトアップされます!

時間は、日没から午後10時までです。

靖国神社のありがたいところは、24時間無料で開放されているので時間を気にせずに楽しめる事です!

「仕事で花見ができない・・・」

という方は多いと思うんですよ。

でも仕事で夜遅い人が、ライトアップされた桜を楽しむ事はできないですが、10時以降の街灯の桜でも十分雰囲気を楽しめます(^^)

また、お花見の宴会をする前日から場所取りをすることも可能です!

これもありがたいですよね。

じゃんけんに負けて一度だけ前日から場所取りをした事があるのですが、寒すぎて本当につらかった記憶があります(笑

ダウンを着て寝袋でも寒かったので、前日から場所取りをするならもっと厚着していった方が良いですよ(^^;

靖国神社の夜桜は、なんといっても闇に浮かぶ神社の荘厳な姿と桜の淡い光のコントラストを楽しむことができます。

「何言ってるんだ、こいつはww」

と思われるかもしれないですが、実際に見るとこの言葉がビシッと当てはまるんですよ!

また、4月4日から6日まで行われる「靖国神社奉納夜桜能」も見ものです!

ライトアップされた桜を背景に能の世界を楽しむことができますので、より非日常の空間を味わえることができるので、オススメですよ。

人はすごく多いですが(^^;

靖国神社の場所取りで気を付ける事は?

お花見の頃になれば、千代田区は人で混みあいます。

当然、お花見の宴会も始まるわけですが、靖国神社で場所取りをするには、ちょっと注意が必要です。

まず、外苑で屋台が出される場所をきちんと確認しておきましょう!なぜなら、そこでしかシートを敷くことができないからです。

また、シートを敷いてお花見ができるのは午後10時までですから、時間にも注意するようにしましょうね(^^)

そして、シートを敷いておくだけで場所を取ることは禁止されています!

シートだけで場所取りをしていると、シートの強制撤去があるそうですので、気を付けましょう!

後、学生とかの近くの場所は取らない方が良いです。

学生のノリとかがあってガヤガヤしてるので、落ち着いてお花見をしたいなら、学生の近くの場所は取らないようにする事をオススメします!

私が学生の時は、うるさすぎて隣のおじさんに怒られました(笑

実体験から言えることなので、これは間違いないですよ(^^;

スポンサーリンク



靖国神社のお花見の混雑時間はいつ?

靖国神社のお花見が混雑する日は、やはり土日でしょう。

また、満開になると思われる3月末から4月4日ぐらいまではかなり混雑します。本当に混在します(笑

時間帯としては、午後から夕方が一番多いように思われますが、土日の午後もかなりヤバイ状態です(^^;

ですので、一番空いているのは平日の昼間かなと!

深夜帯も人は少なくなりますが、絡まれる可能性があるのでオススメはできません・・・

靖国神社のお花見で名物なのが屋台です。

外苑参道の脇に約200の露店が軒を並んでいて、お花見期間中は30万人を超す参拝者と花見客が来るというのですから、ものすごいことですよね!

屋台を利用すれば、食べ物を持ち込まなくて済むのですが、非常に込みます。

長い列に並ばないといけないことを考えれば、ある程度食べ物を用意しておいた方が良いですよ!

スポンサーリンク



コメントお待ちしております!

・これは違うんじゃないか?
・○○はどういう意味かいまいちわからなかった・・・
・他にこういう事が知りたい!
・これは共感できたなー

など何でも良いので気になる事がありましたら
気軽にコメントしてくださいね(^^)

コメントは一番下になります。

          

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ